• 上田安子服飾専門学校
  • エスモードジャポン京都校
  • 大阪文化服装学院
  • 大阪モード学園
  • ディーズファッション専門学校
  • マロニエファッションデザイン専門学校

大阪文化服装学院HP

創立70年の歴史を持つ当校では、「モードの世界標準をPlan Do」をモットーに、世界に通用する人材の育成を目標に掲げています。「発想力」「企画力」を重視したカリキュラム、業界とのコラボレーション、最新の設備や海外でのコレクション発表など、時代のニーズに即応したプログラムで未来のプロフェッショナルを生み出しつづけています。

TWO ASPECTS-二面性-

TWO ASPECTS-二面性-

井上 菖(イノウエ アヤメ)
(ファッション・クリエイター学科 クリエイティブデザイナーコース 2年)

ひとつの表情じゃない、誰もが2つの顔を持っている。洗練された人ほど他の顔を見たくなる。大きめのシルエットに、幾何学的要素と女性らしさを落とし込む。複雑であり簡潔である、そのような服を表現した。


GLOW-光を放つ-

GLOW-光を放つ-

岩本 真穂(イワモト マホ)
(スーパーデザイナー学科 2年)

“現代の女性の内に秘めるパワーを放つ”をコンセプトに、光と影という2面性のあるものをモチーフとし、西アフリカの民族(ヨルバ族)からインスパイア。「複雑に混じり合った社会を垣間みることが出来る」とされるヨルバ民族の衣装を元に、シルエットやディテールに落とし込んだ。また、女性の放つ明るさ(光)は、内に秘められたナイーヴな部分(影)が支えていると考え、2面性のあるものが形を変えながらも共存しているという点を立体的なオリジナル構造のカッティングで表現。


human→plants -人類の植物化-

human→plants -人類の植物化-

後藤 蕗(ゴトウ フキ)
(スーパーデザイナー学科 4年)

人は植物に輪廻転生する。新しい死生観をメキシコの考え方を元に提案します。人体から美しい花々が咲く姿をイメージし、レーザーカッターをしたテキスタイルで立体的に制作しました。


Micro「マイクロ」

Micro「マイクロ」

TAN YOLANDA FEBRINA(タン ヨランダ フェブリナ)
(ファッション・クリエイター学科 クリエイティブデザイナーコース 2年)

微生物は私たちの生活の近くにいるが、私たちの目からは見えない。このデザインは、ズームされた微生物の構造を強調するためにシルエットに沿って多く線を入れ込んで、模様を作り上げる。このデザインによって微生物を私たちの衣服に取り込み、現代風の女性のスタイルに合わせた。それをするこによって、今まであまり関心がない微生物に印象を与える。


b.i.o

b.i.o

北条 真奈(ホウジョウ マナ)
スーパーデザイナー学科2年

トルコのケペネクという民族衣装からインスピレーションした。ケペネクとは羊飼いが着る分厚いフェルトでできた外套で仕事中はコートとなり、休む時はテントにして野外で寝る事もできる。雨も凌げる とても機能に優れた羊飼いに欠かせない日用品だ。そこに女性の生まれ持った体の曲線美と、ヤクザの一生消すことのできない和彫りの奥深い美しさを組み込んだ。テーマは、biography-「b.i.o」