• 上田安子服飾専門学校
  • エスモードジャポン京都校
  • 大阪文化服装学院
  • 大阪モード学園
  • ディーズファッション専門学校
  • マロニエファッションデザイン専門学校

ディーズファッション専門学校 HP

ディーズファッション専門学校は、1949年(昭和24年)大手百貨店の大丸により、大丸グループの専門学校として設立されました。 千年の都京都。世界中から注目を集める街京都。そんな京都で唯一、ファッションを学べる専門学校です。伝統を受け継ぎ、革新を続け、未来の優秀なファッションクリエーター育成を目指しています。

My Self-ONE-

My Self-ONE-

本井傳 祐太(ホンイデン ユウタ)
(ファッション総合専攻科 デザイン系列)

難しい言葉も、何かを飾りつける必要はありません。物作りは、心。日々の積み重ねは、自分自身を創造します。自分は、自分しかいない。己の道は、己で切り開く。日々積み重ねたその先の景色を見るため、僕は日々を積み重ね生きる。強く、そして自分らしく。京都紋付「深黒加工」による黒染め生地をメインに使用。深みのある黒を1枚、1枚積み重ね、独特な1つの形として「自分の分身」を表現。


うねり

うねり

荻野 春香(オギノ ハルカ)
(ファッション総合専攻科 デザイン系列)

日本庭園の池の中で泳ぐ鯉をイメージソースに曲線の「うねり」を使い躍動感と静かな美しさを表現しました。身頃には大きく揺れ動く鯉が隠れており、スカートの緩やかな水面のうねりに飛び込んでいく様子を洋服に落とし込みました。


歌舞伎

歌舞伎

田中 文美(タナカ アヤミ)
(ファッション総合専攻科 プロダクション系列)

重要無形文化財である伝統芸能の歌舞伎をテーマにしたモダンエレガンス。歌舞伎の衣装や化粧法の隈取をモチーフにしたデザインや、動きのあるアシンメトリーなシルエットで、日本らしい美しさと力強さを表現しました。


夜桜

夜桜

古川 あすか(フルカワ アスカ)
(ファッション総合専攻科 デザイン系列)

私が夜桜をコンセプトにした理由は、ある日とても嫌な事があって、気晴らしに友達に桜を見に行くよう誘いました。桜を見た私と友達は、桜の美しさに言葉がでず、嫌な事も何もかも忘れさせてくれました。地面から空に向かってまっすぐ立っている桜の木は力強く、逞しく生きる日本の女性の様でした。桜の花びらの部分は、オーガンジーをよせ上品で古風な優しい表情に。スカートは、女性を最大限に綺麗に見せるシルエットにこだわりました。一番苦労した点は、球体に花びらとなるオーガンジーを1つ1つ手作業でつけた所です。そして、出来上がった時の私の心は、あの日と同じ様な気持ちになりました。


千本鳥居

千本鳥居

村上 和香菜(ムラカミ ワカナ)
(ファッション総合専攻科 デザイン系列)

コンセプトは、「美しさと畏れの融合」です。千本鳥居は、京都の代表的な建造物です。鳥居が密集し連なる光景は、神秘的な雰囲気でありながら、同時に畏れや気味の悪さを感じることもあります。その神秘さと畏れを表現するために、プリーツを何百本とたたみ密集させ鳥居の代表的な朱色をほどこし、綺麗なシルエットになるように何度も手直ししました。